ホーム>TOPICS>2018年3月

2018年3月

武蔵野桜まつり

こんにちは。

前回の続きで、同時開催された桜まつりの方を報告していきます。

昨年も開催されているイベントで、公園内が会場になっています。

 

201842817277.jpg

201842817280.jpg

 

電源の取り出しは発電機から、電源の必要なテントへコンセントを分配します。

昨年より、架空配線の場所が一カ所増えているので、注意しながら施工しました。

 

201842817313.jpg

 

4PBOXより、14CT変換20m2HBOXと接続し、5.5CTケーブル2PBOXと接続しています。

末端は2Pケーブルで延長し、ブースには防水コンセントを設置しました。

 

201842817343.jpg

 

架空配線の様子です。

新しく増えた場所で、木から木へ飛ばしています。

注意喚起の為に、注意札を使用しています。

 

2018428173541.jpg

 

本番中の様子です。

写真の中に新しい2PBOXが隠れていますが、見えるでしょうか…?

 

人が通る動線等には、平たく柔らかい、スポンジ養生で保護しています。

休日のイベントなので、会場では家族連れのお客様で賑わいました。

 

今回は以上です。

武蔵野桜ライトアップ

こんにちは。

今回は、武蔵野市役所前で開催された、ライトアップイベント、

隣の市民公園で開催された、桜まつりの設営へ行ってきたので、報告します。

一記事では長すぎて紹介しきれないと思いますので、今回は二回に分けて投稿します。

 

201842817050.JPG 201842817141.JPG

 

今年も武蔵野市でのライトアップです。

電柱から受電し、タイムスイッチで夜間点灯するようになっています。

 

20184281767.JPG

 

まず単管を立てて、桜盤を設置します。

次に照明用の単管を立てて、を取り付けていきます。

歩道の柵に抱かせる形で、桜の根本に近い場所に立てました。

 

2018428171011.JPG

 

照明を取り付けたらFケーブルで配線します。

照明には防水ホルダーLED45Wを使用しました。

Fケーブルとの接続部分は、防水Fを使用しています。

 

2018428171345.JPG

 

今回は以上です。

次の投稿は桜まつりになります。

 

新川桜ライトアップ

今回は、千葉県八千代市の新川で咲いた桜のライトアップの設営へ行ってきました。

全部で100灯の照明を桜の木の下へ設置し、ライトアップしました。

 

201842816263.JPG

 

本番中、新川の夜景。

満開までは少し早かったような気がしますが、ライトアップされた桜、水面に映る桜を見ると、

照明を取り付けて良かったと思えますね。

 

201842816291.jpg

 

まず、電源は小型発電機からの取り出しで、防水平行→2P変換2Pケーブルで延長し、

桜の根元で2Pと平行分岐させながら、次の桜へ延長します。

大体、一台の発電機で15~20灯程度の照明を繫げています。

 

2018428163243.jpg 2018428163348.jpg

 

照明は防水ホルダーと、LED45W、土台にウェイトを使用しています。

 

2018428163529.jpg

 

期間中、車輛等が通るような場所にはケーブル養生を敷いています。

 

晴れの日が続いているので、作業は捗りますね。

一日でなんとか設置出来ました。

 

今回は以上です。